医療現場におけるファクタリングとは

main-img

そもそもファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却する事で、売掛債権を支払い日よりスピーディーに現金化する方法です。


売掛債権をスピーディーに現金化できるという事は、資金繰りの改善に効果を発揮します。
そんなファクタリングの医療現場におけるメリットは、介護報酬や診療報酬の債権をスピーディーに現金化できるという事です。


どの程度スピーディーに現金化できるかというと、通常よりも4ヵ月から1ヵ月程度早く現金化できると言われています。

あなたに合った教えて!gooをご提案いたします。

しかし、ファクタリング会社に介護報酬や診療報酬の債権を売却する際には、当然ながら手数料が発生します。

この手数料は、介護事業者や医療法人の信用度によって変化します。

つまり、信用度が低ければ低いほど、手数料も高額になるという事です。手数料の幅も広く、数パーセントから十数パーセントまでとなっている事から、信用度の低い介護事業者や医療法人にとって、こうした手数料はデメリットと呼べるでしょう。

また、介護報酬や診療報酬の債権の売却を依頼するファクタリング会社によっても、手数料は変化します。



その為、出来るだけ手数料を低く設定している会社を見つける事が、重要となるでしょう。

ファクタリングのことならこちらのサイトをご覧ください。

しかし、そもそも信用度の高い介護事業者や医療法人ならば、どの会社を選んでもそこまで大きな手数料とはなりません。

こうした事から、資金繰りの改善方法としては、非常に有効な金融取引として、医療現場で活用されています。

驚く情報

subpage01

ファクタリングとは、売上債権の譲渡によって、入金期日前の債権を現金化する金融取引のことを言います。売上債権の中でも、売掛金や未収入金は、実態のある手形と異なり、債務者(期日になったら支払うべき人)の信用力によって債権の価値が異なりますが、診療報酬債権は、債務者が社会保険組合や市区町村など、信用面で疑問の余地がないため、ファクタリングに適しているのが特徴です。...

more

最新情報

subpage02

介護保険事業は、初期投資が多くかかりやすいとされる公的な一面を持つ事業です。利用者の負担はあるものの、それは利用料のうち1割から2割程度でしかなく、残りは介護給付費から支払われています。...

more

金融コラム

subpage03

医療法人における資金調達では、診療報酬債権を現金化することで行われることが多く、この場合には、概ね、特定目的会社、いわゆるSPCを設立することで行う証券の発行や借入、信託受益方式、診療報酬債権の譲渡担保などが用いられます。診療報酬債権は、貸倒れのリスクが少ない債権となるために、ここでは、実際に支払われる期日までの時間を買うイメージで債権譲渡が行われることになります。...

more

納得の真実

subpage04

ファクタリングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。企業が所有している売掛金、即ちサービスを提供することや製品を販売することなどで発生する支払いが見込まれる企業の未収入金を、ファクタリング会社が買い取る事で早期に資金化して企業に資金提供できる仕組みです。...

more